健診代行のメリットとデメリットを紹介

小さな会社で、近くに懇意にしている病院が健康診断を行っている場合、日程を組んで社員全員をそこで健康診断を受けてもらえばいいですが、会社が大きくなればなるほど、病院への手続きや、診断の結果の回収データ分析、病院への清算など、その手続きは膨大になります。健診代行のメリットは、このような煩わしい作業を一括して行ってもらえるという点です。ただ健診代行をしている会社は多いので、まずどの会社に依頼をするのかという点を考えなければいけない問題があります。よほどの事がない限り、簡単に依頼する会社を変えることは難しいです。それは個人情報をあちこちに広めてしまう状態を作りかねないからです。もちろん個人情報保護法の元、情報は守られますが、重要な情報はできるだけ広く拡散しないことは重要なことです。

健診代行のメリットは作業効率の向上

健康診断自体のメリットは、健康管理をすることで、退職者を少なくすることができる点や、高額な医療費がかからずに済むという点が挙げられます。退職者が一人出ることで、他の社員の仕事が増え、新人をまた1から教えることになるので、いままでの経費が無駄になります。健康診断には身体的な検査と、精神面の検査もあるので、職場で過度なストレスを受けている人が多い場合、原因を探すことで、職場環境を整えることもできます。このように非常に重要な健康診断ですが、結果を精査する必要があり、悪い結果の人に対しては配慮をする必要があります。もちろん病院を選び、検査内容を考え、各病院に検査日を調整し、費用を支払い、結果をもらった後には、会社側としてもファイル、データ化する必要があります。これはその年ごとの変化を見ていくという点と、役所に届ける資料を作る必要があるからです。健診代行はこれらを行ってくれるのです。

健診代行のデメリットは医療機関を熟考する必要があるという点

健診代行を選ぶときに見てほしい点は、やはり医療機関の幅の広さです。内科一択ではできる事は多くないので、病気の発見が遅れる場合もあります。また内科とひとことで言っても、その得意とする分野はお医者さんによって様々です。場合によっては整形外科や精神科、内科の中でも胃腸科、消化器科、循環器科などさまざまあるので、自社で最も必要な診療科を選べることが大切です。ガン健診ひとつとっても、幅は広いです。この選択を誤ると、無駄な労力やコストが増えてしまう可能性もあります。そして転々と代行の会社を変えることで、データにまとまりがなく比較ができない症状も出てきます。経過を見たい状態であれば、特殊な診療科目であればあるほど、厳選する必要があります。まずは自分達が何を求めているのかをはっきりさせること、その上で相談することがデメリットを避ける方法といえます。

「健康診断サービス」&「HSS」のご利用で全国拠点を抱える企業様の健康管理業務の効率化を可能にします。 データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 定額・低料金で、データ登録・移行もサポートします! 弊社営業担当が全国の企業・健康保険組合に伺います。 健診から保健指導までのワンストップサービス提供します。 健診はプロにお任せ!健診代行ならウェルネス・コミュニケーションズ