サービスとしての健診代行について

健診の代行サービスは、会社や企業、組織向けに健診の予約から精算、健診結果の回収などの健診に関わる業務を代行していただけるだけではなく、健診結果で判明したデータを集約・分析して出たデータをもとに一人一人に合った健康増進施策をサポートしてくださるサービスなのです。たとえば従業員数100人から150人の企業の人事にとって、健康診断業務は予想していたよりも多くの時間や手間がかかってしまいます。かかる時間や手間の多数を占めるのは、健診センター側と従業員それぞれのスケジュール調整や受診状況の確認と言われています。その他にもコストなどの様々なサービスや病院の手配、受診率の向上など健診において必要になってくる全ての事を委託してもらえるサービスを健診の代行サービスと言うのです。

健診代行のサービスのメリット・デメリットについて

健診代行のメリットですが企業にとって健診をするにあたってまず大事なのは一人一人のスケジュールです。例えばAさんは土日・祝日は休みだけどBさんは平日に休みが多いなど一人一人のスケジュールは様々です。そういったことを調整・予約・キャンセルなどをしてくださるそして健康診断でどこの病院がいいのか手配が大変・全従業員の健康状態などの状況が把握できていないのでどのような病気、その人がどれくらい健康なのか、コストがかかってしまう何とか削減できないか、などの問題にも対応してくださるという事がメリットではないかと思います。そして次にデメリットですが従業員の利用率です。やはりサービスが充実したとしても、必ずしも利用率が上がるわけではありませんしコストの件もそうです必ず削減できるのかと言ったらそうではありません。色々な企業様からの提案によってさまざまなサービスがあります。

健診代行サービスを初めて利用する方へ

健診代行サービスを利用するにあたりポイントがあります。1つ目は現状とサービスを導入した後の会社または企業がどうなっているのか予想することです。導入する前会社にはどういうメリットがあるのか、デメリットは何なのか、導入してから良くなった点・悪くなった点をしっかり考えたうえで導入をするのか、しないのかをご検討いただければと思います。最後にまとめですがこういったアウトソーシングには色々なメリット・デメリットなどがあります。そしてその企業その企業それぞれのサービスやプランなどそういったものをしっかりと見極め、会社として本当に得があるのか、損にならずにすむのかをしっかりと考え、話し合いそれぞれの会社、企業のニーズに合わせたサービスやプランを利用してみてはいかがでしょうか。