健診代行をしたほうが良い企業の特徴

今や職場でよく交わされる言葉の一つに「働き方改革」があります。長時間労働の是正など働きやすい環境づくりが企業経営者にはより強く求められるようになりました。深夜に及ぶ残業や休日出勤が続くようでは、魅力ある職場環境とはほど遠いといえます。働き方改革に取り組む企業が増える中で、とかく残業削減など労働時間の見直しに目がいきがちですが、見逃せないのが社員の健康管理です。働き方改革に積極的に取り組む企業の多くが、「健康経営」を重視しています。健康経営とは、「社員の健康を増進させることが会社の業績アップにつながる」という考え方のもと、社員の健康管理を経営的な視点でとらえ戦略的に実践することです。そして、企業の健康経営を支える取り組みとして今注目されているのが、社員の健康診断(健診)実施に関わる業務代行サービスです。

代行サービス活用で、健診業務の運用負担軽減が可能に。

健康経営を推進するための第一歩は、定期健診の充実といわれています。健診を定期的に行うことは、病気の予防や早期発見など社員の健康状態を知るうえで有効です。とはいっても、定期検診を充実させることは企業にとって簡単ではありません。受診に向けて社員の健康意識を高める必要があり、実施に当たっては健診実施機関や社員とのスケジュール調整等が発生します。さらには、健診結果のデータを管理して社員の健康増進に向けた活用も求められます。多くの企業の場合、総務部や人事部といった部署に担当者を置いて業務を進めることになりますが、結構な手間と時間を要してしまうのが実状のようです。そして、業務の充実と効率化がより求められる中、健診業務を代行するサービスに関心が寄せられています。大企業のほか、特に中小企業においても健診業務の運用負担軽減が期待されます。

中小企業の人材確保にも有効。代行サービスで健診充実図ろう。

ここ最近、福利厚生そのものをアウトソーシング化する企業が増える中で、健診業務の代行サービスも広がりをみせています。より効率的に健診の手配や精算を行うほか、健診データを集約・分析することで健康増進対策を見える化します。代行業者への委託費用は発生しますが、業務効率化と社員の健康意識向上につながり、健診受診率アップも期待できます。経済産業省では、「社員の健康管理を行う取り組みは将来的に収益を高める投資である」として、特に中小企業に対しての呼びかけに力を入れています。同省が平成29年に行った調査では、健康経営に取り組んでいる中小企業は約2割にとどまっていたからです。代行サービスの導入で健診の充実が図られて健康意識の高い社員が増えれば、職場に活気が出るほか企業自体のイメージアップともなり、より良い人材の確保にもつながるといえそうです。