健診代行サービスの種類と特徴について

健診の代行というサービスがあることをご存じですか?会社員になると、定期的に健康診断を受けることになりますが、これは会社の保険組合などが主導で行っているものです。会社が指定した医療機関へ社員が出向き、採血やバリウムなどによって健康状態を確認します。大企業であればほとんどのところが実施していますが、一定の年齢を超えると人間ドックやがん検診も含まれるようになり、かなり手間がかかります。健診代行とは、こういった企業の保険組合が行っている業務を代行してくれるサービスのことを指します。健診の案内から予約受付、手配、健診結果の回収まで、事務的な業務を代わりに行ってくれます。企業は、言わば、健診をアウトソーシングすると言っても問題ないでしょう。次の項では、種類や特徴についてもっと詳しくご説明します。

さまざまな種類がある健診の代行サービス

健診の代行サービスを請け負っている会社はたくさんあります。健康保険組合のアウトソーサーとして専門に営業しているところもあるほどです。健診の結果をオンラインで閲覧できたり、健診結果の見方を案内してくれたりします。健康についての情報を発信する啓発サイトを設けているところもあります。健診データに基づいてパーソナイラズしたサービスを案内してくれたり、企業の退職者向け(高齢者)に健康管理をサポートするサービスを行っているアウトソーサーもあります。官公庁や企業の福利厚生業務を代行しているアウトソーサーもあり、こういったところでも健診の代行を請け負っているケースは少なくありません。大企業からの需要はどんどん増えているので、今後さらに発展したサービスを受けられる可能性も期待できるでしょう。

健診の代行というサービスについてメリットデメリットは?

健診の代行は、たくさんのメリットがあります。企業側にとっては、医療機関との調整や予約、結果表の入力や労基データの作成など、事務的な業務が減るという点です。本来の業務に集中できたり、健診手続きに必要だった人員を他の業務へ回したりすることができます。健診を受ける個人にとってもメリットはあります。アウトソーサーは全国の医療機関と提携しているので、受診可能な病院が増えたり、出張健診の手配をしてくれたりします。デメリットとしては、外部委託の費用がかかるという点です。1件あたりの代行費用とは別に、初期費用や業務管理費用などがかかります。未受診の社員には催促するサービスもあり、こういったことにも費用がかかります。また、社員の個人情報に関わることなので、これを管理してもらうという点で、多少なりともリスクがあります。本当に信頼できるアウトソーサーかどうかという見極めも必要になってくるでしょう。