人気の祝電サイトランキング|大切な人のお祝いに!

トップ > コラム > 祝電に使ってはいけない忌み言葉

祝電に使ってはいけない忌み言葉

祝電は結婚式に参加できない場合に打つ電報のことです。
台紙を使うもの、バルーンやぬいぐるみとともに送るものなどおしゃれなものがたくさんあります。
新郎新婦の新たな門出を祝う場で失礼のないようマナーをしっかり学んでおきましょう。
祝電には使ってはいけない忌み言葉が存在します。
夫婦の別離を連想させる言葉や再婚を連想させる言葉は避けましょう。
例えば「別れる」「切る」「飽きる」などは夫婦の別離を連想させる言葉ですし、「再び」「繰り返し」などは再婚を連想させるので使ってはいけません。
同じことを繰り返す「度々」や「重ね重ね」などの言葉も避けましょう。
文章が決まったら次は句読点にも注意しましょう。
普段文章を読みやすくする句読点ですが、祝い事の際には“終わる”“切れる”という意味合いがあるので避けるのが常識です。
ただし、全部をつなげると読みづらいためスペースなどで区切るなどの工夫をしましょう。
いろいろと決まり事はありますがお二人の幸せを願って心からの祝電を送りましょう。



祝電を送る際に覚えておくマナー

結婚式にお呼ばれされた時に、どうしても都合が合わない場合も出てきます。
その際はお祝いの気持ちを込めて祝電を送ってみてはいかがでしょうか。
送る前に覚えておくマナーも多いので、事前に覚えておきましょう。
まず、基本的に祝電は何を書いても良いですが、披露宴で読まれるケースが多いです。
ご自身だけなく、何通も集まる事も珍しくないので長文は避けておきましょう。
どうしても伝えたい気持ちがある場合は別の手紙をスタッフの方に送っておくと良いでしょう。
そして、近年ではバルーンやキャラクター付きの物に人気が集まっていますが、この場合も事前に新郎新婦やスタッフにバルーンやキャラクター付きである事を伝えておきましょう。
縁起の悪い言葉や再婚、再縁をイメージさせる言葉なども控えるようにしましょう。
午前式の場合は前日に届くようにして、午後式の場合は最低でも2時間前に届くように手配しておきましょう。



結婚式の祝電を打つときをお教えします

結婚式の祝電を打つときをお教えします。
まず、招待されていても出席する事が出来ない場合です。
結婚式に駆け付けてお祝いを言いたい気持ちを伝えましょう。
それから次は、披露宴に招待されていないいとこや親戚の方です。
この場合もお祝いの気持ちを伝えましょう。
また、同僚が結婚する時です。
披露宴に出席しない同僚仲間と連盟で祝電を贈ります。
それから会社の社長です。
通常総務部や秘書等が社長の名前で贈ります。
それから、会社の取引先のご子息や娘さんが結婚される時です。
この場合も社長の名前で総務部や秘書が手配をします。
それから仕事上、付き合いのある取引先の社員が結婚をする時です。
付き合いの程度によりますが、社長の名前で手配をしたり、部署で手配をしたりします。
友人知人だけでなく、会社関係で祝電を贈る時がある事を知っておきましょう。

▲ ページトップへ