人気の祝電サイトランキング|大切な人のお祝いに!

トップ > コラム > 祝電は祝福を文字で伝える電報で台紙が

祝電は祝福を文字で伝える電報で台紙が

祝電は電報という手段で言いたいことを印字した紙を相手先に届ける行為となります。
この祝電は一般用の電報と違って、紙1枚だけを送るのではなくて、紙を包む台紙が売り上げの大きなポイントとなっています。
その台紙はいろんな種類があって、動物やアニメキャラクターなどのぬいぐるみや中には開封すると音が出たりするもの、フリザードフラワーなどもあったりします。
現在ではたくさんの業者がこの商売に参入をしていますが、ほとんどの業者はこの台紙をつけないと買えない仕組みになっています。
さてこの祝電を送りたい場合に気を付けることは、結婚する相手の新郎新婦から事前に結婚式場の会場がどこでいつ行われるかを把握しておかないとなりません。
なぜならそれを送る住所は新郎新婦の自宅ではなくて、その結婚式会場だからです。
その結婚式会場には結婚式が始まるまでに到着をしてなければならず、遅刻は絶対に許されません。
遅刻してしまうと当事者が会場を去ってしまってるので、式場関係者に迷惑をかけてしまうからです。



どんな時に電報として祝電を送るのか

生活している中で様々なお祝い毎やお悔やみ毎などがあります。
その際にはその時の状況に合わせてマナーをまもり対応することが重要です。
その中でも電報は仕事や用事でどうしても自分自身が対応出来ない時に、変わりにお祝い毎やお悔やみ毎に対して対応してもらうことが可能です。
そんな電報のなかでも多いのが祝電になりますが、実施兄どのような時に使うのかわからないことも多いです。
では実際にどのような時に使うのかですが、まずは代表的な場面として結婚式などがあります。
本来で張れば自信が式に出席してお祝いしますが、どうしても外せない仕事や病気といったやむを得ない事情がある場合は出席ができません。
その際に祝電を利用することで自分のお祝いの言葉や気持ちを相手に伝えることが可能です。
それ以外の場面としては合格祝いを伝える時や誕生日といった時など様々なお祝い毎の際に利用が可能です。



電報を使って祝電を送る基本的な方法

結婚式や合格祝いに誕生日のほか、出産祝いや誕生日に昇進祝いなど様々な場面で電報として祝電を利用することが可能です。
特に仕事が忙しいという人や病気などで自分自身がどうしても動けないという人などが、お祝いの気持ちを相手に伝えることができる便利なサービスの1つとなっています。
では実際に電報を利用する基本的な方法ですが、まずは電話で依頼する方法になります。
祝電のサービスを行っている業者へ連絡することで、依頼することが可能となっています。
電話で依頼する場合は営業時間などが決まっている場合もあるので、利用する際の時間帯には注意しておくようにします。
最近ではインターネットを利用して依頼することも可能です。
インターネットであればパソコンだけでなくスマホなどを利用していらいすることができ、依頼する時間帯も基本的には24時間依頼が可能なのでとても便利に活用できます。

▲ ページトップへ