人気の祝電サイトランキング|大切な人のお祝いに!

トップ > コラム > 祝電を送るシーンはどんな時か

祝電を送るシーンはどんな時か

 電報にはお祝いに送るものと、お悔やみ事の時に送る弔電とがあります。祝電はお祝いの席に出席できない時などに贈る電報です。
 たとえば、結婚式に招待されたものの都合 がつかずに出席できない場合、これを贈ればお祝いの気持ちを伝えることができます。結婚式のほかにも、入学式や卒業式、出産といったおめでたい事がある際にも送ると喜ばれます。
 また、母の日や父の日、敬老の日、お誕生日、結婚記念日など、日常の中のちょっとしたお祝いシーンにおいてもメッセージを伝える際に 使われています。電報は、インターネットを利用すれば24時間いつでも申込むことができます。
 インターネットで電報サービスを提供しているのは通信会社、郵便局、インターネット通販企業など様々あります。届け先、届け日時は、早めに余裕をもって手配しましょう。
 結婚式や入学式などに電報を送る場合は、式典が始まる前に会場に届くように手配 するのが一般的ですが、出産祝いで病院に送る場合や、記念日などにパーティー会場へ送る場合などは、場所によっては受け取ってもらえないこともあります。 事前に届け先に確認の上で手配することが大切です。
 また、送る際に最もチェックしたいのが、メッセージです。縁起の悪い言葉はタブーです。電報を送るシーンによって異なりますが、結婚式の場合は、別れる、割れるなどの言葉は当然ですが、再婚を想起させる重ね言葉にも注意が必要です。


 最近ではその用途は更に幅広く広がっていて出産や誕生日や卒入学などのお祝いの機会に趣向を凝らしたデザインやプレゼントとしても活用されています。従来の紙の祝電ではなく、バルーンや人形、プリザーブドフラワーなどといった品物にメッセージを添えて送るものもあります。
 送る人に合わせて、オリジナルな品物をメッセージに添えると素敵です。例えば、最近では、バルーンの電報もあり、開けた時には中から飛び出してくる風船には、きっと驚かれます。
 またキャラクターが好きな人にはぬいぐるみと共にメッセージを送るのも喜ばれるでしょう。


 最近では、スマホの普及に伴って、手軽なSNSやメール等が当たり前になっています。
 現代では、電報はお金も手間も掛かり離れてしまいつつあります。そんな時代だからこそ、あえて電報を使うことで、相手のことを考える気持ちに重みを持たせることができるでしょう。その手段として電報を取り入れてみるのも素敵です。
 是非、一度利用してみるのも良いでしょう。

カテゴリー

▲ ページトップへ