人気の祝電サイトランキング|大切な人のお祝いに!

トップ > コラム > 祝電を送る際はインターネットを活用しよう

祝電を送る際はインターネットを活用しよう

 お祝いの言葉を伝えるシーンは、結婚式や出産祝いをはじめ、お誕生日や快気祝い、定年退職祝いなど、実にさまざまあります。
そんな大切な人や知人へお祝いの言葉を伝える方法として、最も選ばれているのが祝電ではないでしょうか。
今は、インターネットが当たり前のように利用でき、メールでお祝いの言葉を手軽に伝えることができますが、お祝いの電報は心のこもった言葉を形で残せるものなので、より相手に気持ちが届きますし、喜んでもらうことができますので、上手に活用してみると良いでしょう。
最近は、インターネットから電報を送れるサービスがあるので、より手軽に利用できるのも大きな魅力です。
また、デザインや送りたい言葉の種類が豊富に用意されているのも特徴です。
そのため、送る相手のイメージに合わせて、素敵なデザインを選ぶことができます。
もちろん、自分の言葉で送ることも可能なので、より心のこもった祝電を送ることができるでしょう。
依頼はオンライン上で全てできるので、その手軽さも魅力のひとつです。
お祝いの電報を送る際は、活用してみると良いでしょう。



 文字数制限を気にせず祝電を送りたいとき

お祝いを簡単に伝えることが出来るのが祝電です。
かつては電話会社特有のサービスでした。
所定の電話に電話をしてサービスを利用していました。
今もそのサービスは使えますが、多くの業者がサービスを提供しています。
インターネットから利用できることが多く、電話よりも利用しやすいです。
電話会社の場合、文字数制限なく送ることが可能です。
しかし、文字数による課金になっているので、どんどん金額が増えてしまいます。
お金の支払いが気になるときは文字数も少なくなるかもしれません。
他のサービスでは一定数の制限があります。
簡単なメッセージなら十分送ることが可能です。
ただし、とにかく多くの文字を送りたい場合があるかもしれません。
この時は、文字以外で文字を送るようにしてみましょう。
ネットから送るサービスでは、画像の添付が可能な場合があります。
この画像に文字を入れます。
文字にはカウントされないので、たくさんの文字を伝えられます。



 海外にも祝電を送ることが出来る

インターネットは世界中につながっています。
ですから容易に世界とコミュニケーションができます。
料金も特に気にすることはありません。
電話も世界とつながることは可能です。
しかし、国際電話になると特別な料金がかかり、高額になるケースもあります。
手紙もエアメールであれば送ることが可能です。
送りたい国に合わせて住所などを記載しないといけません。
いろいろなサービスで世界とのコミュニケーションができますが、祝電はどうかです。
いくつかの業者では、海外に送ることが出来るサービスを用意しています。
さすがにいろいろなタイプで送れるわけではないですが、一般的な台紙、フォトフレームのようなタイプなら可能です。
一部地域に限って、プレゼントも送ることが出来ます。
海外で結婚式を挙げる人もいるでしょうから、その人たちにメッセージを送ると喜ばれるでしょう。

▲ ページトップへ